住宅ローン審査落ちた理由で個人事業主の場合は?

一般的に個人事業主の人は住宅ローンの審査に通りにくいのは事実です。
住宅ローンの審査に落ちた理由として「個人事業主だから」ということはありませんが、「小規模経営なので景気の影響を受けやすい」「本人がケガや病気で就労が不可能になると収入が無くなる」などの不安要素が多いことが危惧されるからです。
景気の影響という懸念は、安定した事業内容を証明できるかにかかっていますので、通常は過去3年間の確定申告書(黒字決算に限る)で確認されることが通例です。
本人のケガや病気に関しては保険の加入で対応できると思います。
特に民間の金融機関は団体信用生命保険の加入を融資条件としていますので、団信に加入できれば問題ないと思われます。
住宅ローン審査申し込みからの流れは?銀行選び!【基準の比較方法は?】